南相馬市ふるさと元気応援団ホーム南相馬市ふるさと元気応援団とは?スーパー地域通貨『優路』(ゆうろ)とは?ボランテイア募集南相馬市ふるさと元気応援団ブログ
南相馬市ふるさと元気応援団規約

第1条

(名称)
この会は、南相馬市ふるさと元気応援団(以下、元気応援団という)という。


第2条

(目的)
元気応援団は、南相馬地域に古来より残されてきた“無尽(ムジン)”や“結い”と呼ばれる地域互助・共助の倣い、市民の小さな力を集めることで地域振興の大きな力になることを示し、市民が自分たちで地域を支えているという自負と誇りを持って暮らし続けられる“ふるさと・南相馬”を実現するために、地域住民のボランティア活動や交流機会を活性化させることを目的とする。


第3条

(活動)
元気応援団は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)地域のボランティア活動や交流機会を増大させるため各種事業
(2)ボランティアバンクの管理運営
(3)地域通貨「優路」システムの管理運営
(4)その他 前条の目的を達成するために必要な事業


第4条

(会員または団員)
元気応援団の会員は、別表に示すとおりとし、新たな会員の入会については、現会員の賛同を必要とする。


第5条

(役員)
1 元気応援団に、次の役員を置く。
(1)団長 1名
(2)副団長 3名
(3)会計 1名
(4)監査役 
2 役員は、監査役を除き会員の中から協議により選任する。


第6条

(職務)
1 団長は元気応援団を代表し、会務を総括する。
2 副団長は、団長を補佐し、会長に事故があるときまたは会長が欠けた時は、その職務を代行する。
3 監査役は、会計の執行状況を監査する。


第7条

(任期)
1 役員の任期は2年とする。
2 役員は、再任されることができる。
3 役員は、辞任した場合または任期が満了した場合においても、後任者が就任するまでは、特別な理由がない限り、その職務を行わなければならない。


第8条

(会議)
1 会議は、総会と役員会とする。
2 会議は、団長が招集する。
3 会議の議長は、団長がこれに当たる。
4 総会は、毎年1回開催する。
5 会議の傍聴は自由とする。
6 総会は、会員の過半数以上の出席がなければ開く事はできない。
7 総会の議事は、出席者の過半数の同意を持って決し、可否同数の場合には、議長の決するところによる。


第9条

(会計)
元気応援団の会計年度は、4月1日から翌年の3月31日までとする。収支状況等について、 常にその情報を公開するものとする。


第10条

(事務局)
1 元気応援団の事務局は、NPO法人はらまちクラブ内におく。
2 事務局には、事務局長をおく。
3 事務局長は、団長が任命し、役員と兼ねることができる。



(附則)
1 この規約は平成21年1月6日から施行する。



(別表)
1 元気応援団設立当初の会員及び役員は、次のとおりとする。
団長 江本節子(NPO法人はらまちクラブ理事長)
副団長 松永雄一(松永乳業 (株)代表取締役社長)
副団長 渡邉光雄
副団長 大石岳彦 ((株)大石呉服店専務)
事務局長 山田雅彦
会計 佐藤清彦(NPO法人はらまちクラブ)
団員 佐々木春水
団員 羽生賢次
団員 飯塚宏
団員 井村寛
団員 渡部光明
団員 堀川直人
団員 高野敏雄
団員 藤井秀山
団員 橋本みどり
団員 佐藤美枝
団員 赤石澤啓雅
監査役 (交渉中)